【トーキョーバイクのいろは】-TOKYOBIKE SS編-

シンプルでかっこいい自転車だなぁ。

僕は TOKYOBIKE SS を見た時にそう思いました。

 

変速機が付いていない。

シングルギアの”TOKYOBIKE SS”は自転車に走る上で必要な最低限のパーツしかついていません。

 

 

「ギアのないスポーツバイク」。

そう言われると、ギアがあった方が良いのでは?となるかもしれません。

確かに、ギアがついていれば走る道や、その時の気分で重さを変えることだできます。

スピードを出したい時に重くしたり、坂道を登る時は軽くしたり。

じゃあ、ギアのない良さってなんだろう…。

見た目のシンプルさ。

 

これが、一番初めに出てくる特徴です。

 

ギアがないだけで、見た目はとてもシンプルに。

後輪に変速機もなければ、ハンドルについている変速レバーだってありません。

あと、細かいところですがフレーム(自転車の骨格)パイプの径も他のモデルと比べると細くなっているんです。

 

漕いでいることを忘れさせてくれる。

 

ギアがないので、乗っているときの考え事が一つ少なくなります。

気持ちが良いスピードで走ると、ついつい漕いでいることすら忘れてしまいます。

 

街を眺めながら気持ち良く街を走るのがとても楽しいのです。

もちろん、坂道を登る時にがんばったりすることも必要な場合もありますが、無理な時は降りてゆっくり登っています。

それで良いんです。

シンプルな自転車だからこそ、一つ一つのパーツが際立ちます。

 

初めは黒のパーツが付いていますが、タイヤやグリップ、サドルを変えると印象が大きく変わります。

これはSSに限る話ではありませんが、SSに乗られているのであれば、カスタムはとってもおすすめですよ。

 

既に乗られている方でもカスタムすることができるので、ぜひご相談ください。

高円寺のスタッフがSSのカスタムについて別の記事を書いているので、

そちらも良ければぜひ見てみてください。

 

ギアは多い方が良いとか、車体は軽い方が良いとか。

自転車はスペックで、比べられることが多いです。

でも、”乗りたくなるような見た目”だって立派な性能の一つだと思うんです。

 

僕は、お客様がいつくかあるモデルの中から TOKYOBIKE SSを選ばれる時、ちょっと嬉しい気持ちになっています。

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

『TOKYOBIKE SS』は製品ラインナップの見直しの結果、生産が終了し在庫限りで終売になります。すでに欠品しているカラー・サイズがありますので、店頭にご確認ください。

 

カラー仕様 : マット
フレームサイズ : S(47cm) M(53cm) L(57cm)(C-T)
本体重量 : 9.6kg(Mサイズ)
タイヤ : 650×25C ブラック
チューブ : 仏式バルブ

変速 : シングルギア(16T)
フレーム:フォーク:4130フルクロモリ
ハンドル:ストレートハンドルバー

 

 

⚠ご購入前にご確認下さい

自転車は定期的なメンテナンスが必要な乗り物です。

お近くに直営店やtokyobike取扱店がある場合は、店舗でのご注文をおすすめしております。全国のtokyobike取扱店はこちらをご覧ください。

自転車のメンテナンスについて、詳しくはサポートページをご覧ください。