【for kids】いつから乗れる?小学生向け自転車TOKYOBIKE Jr.

Kids | 2021.11.30

TOKYOBIKE Jr. Step Comfy 公園で女の子と男の子が自転車で遊んでいる

トーキョーバイクのお子様向けラインアップは2歳から小学生まで、3段階でステップアップしていけるようになっています。
2歳から乗れるキックバイクtokyobike paddle、補助輪のついている幼児向け自転車little tokyobike、小学生向け自転車TOKYOBIKE Jr. Comfy/Stepです。

 

いずれのモデルでも「何歳から乗れますか?」とのお問い合わせをよくいただきます。実際に乗れるタイミングは、年齢というよりも身長や手足の長さによって左右されます。
 
今回のジャーナルでは2型ある小学生向けモデルTOKYOBIKE Jr.のうち、TOKYOBIKE Jr. Comfyに身長の異なる3名の子ども達に乗ってもらいました。
(幼児向けのlittle tokyobikeについてはこちらの記事にまとまっています)
 
最初に子ども達の紹介です。

TOKYOBIKE Jr. Comfy ブルージェイド ジュニア向け自転車で遊ぶ男の子

たかちゃん5歳 身長112cm
現在はlittle tokyobikeに乗っている
来月6歳の誕生日のため、プレゼントをTOKYOBIKE Jr. Comfyにするか検討中

TOKYOBIKE Jr. Step ベージュレッド ジュニア向け自転車で遊ぶ女の子

きいちゃん7歳 身長117cm
先日7歳の誕生日プレゼントでTOKYOBIKE Jr. Stepをもらったばかり

TOKYOBIKE Jr. Comfy ブルージェイド ジュニア向け自転車でサイクリングをする女の子

りんちゃん7歳 身長121cm
現在はTOKYOBIKE Jr. Comfyに乗っている

 
TOKYOBIKE Jr. Comfyの適応身長は、115cm〜130cmです。
まずは子ども達に自転車の横に立ってもらいました。自転車と体の大きさのバランスがわかります。

TOKYOBIKE Jr. Comfy ジュニア向け自転車の身長別の跨った時の乗車姿勢比較

続いて自転車にまたがってもらいました(サドルは一番下にしています)
適応身長前の112cmでは爪先が少しつく程度です。117cmでは足裏が完全に地面についています。

TOKYOBIKE Jr. Comfy ジュニア向け自転車の身長別の跨った時の乗車姿勢比較

最後はペダルに片足をかけたところです。自転車を止めたり、再度漕ぎ出す時にはこのポジションになります。
112cmだと片足爪先立ちになるので、バランスを保ったまま自転車を止めたり、漕ぎ出しの時に地面を強く蹴ったりするのは難しいかもしれません。

TOKYOBIKE Jr. Comfy ジュニア向け自転車の身長別の跨った時の乗車姿勢比較

 
3人の様子を見てみると、爪先しかつかない状態では乗り始める時期としては早そうです。
 
112cmのたかちゃんは乗って走ること自体はできました。ただ自転車を止める時や漕ぎ出しの様子を見ていると、バランスをとるのが少し難しそうでした。TOKYOBIKE Jr. Comfyへの乗り換えは適応身長の115cmを超える時期まで待つのが良さそうとの結論に。6歳の誕生日は見送って、来春の小学校の入学祝いか7歳の誕生日プレゼントになるそうです。

TOKYOBIKE Jr. Comfy ブルージェイド ジュニア向け自転車で遊ぶ男の子

7歳のきいちゃんとりんちゃんの2人は、走るのはもちろん止まる時も漕ぎだしもスムーズ。りんちゃんはお父さんと一緒のサイクリングも楽しんでいました。

TOKYOBIKE Jr. Comfy ジュニア向け自転車を練習している女の子
TOKYOBIKE Jr. Comfy ブルージェイド TOKYOBIKE MONO ヴィンセントブルー 親子でサイクリング

今回はTOKYOBIKE Jr. Comfyで比較しましたが、適応身長が同じTOKYOBIKE Jr. Stepをご検討の方にもお役に立つかと思います。
 
実際には同じ身長でもお子様の手足の長さによって多少異なるため、お近くにトーキョーバイクの直営店や販売店がある場合にはそちらでスタッフにご相談いただくとさらに安心です。お近くの店舗はこちらよりご確認いただけます。(販売店で実車をご覧になりたい場合は、事前に在庫状況をお電話でご確認ください)