TOKYO ART HOLIDAY 10月編


アートが溢れる街、トーキョー。 自転車に乗ってフラッと漕ぎ出せば、あなたの心に響く何かがきっと見つかる。 そんな休日を提案する連載ブログ「Tokyo Art Holiday」10月編。
澄みきった青空と金木犀の香りが心地よく、そして自転車を楽しむには最適な季節がやってきましたね。
心地よい秋晴れの中、アートを見つけに自転車でお出掛けしませんか?
「TOKYO ART BOOK FAIR 2017」
アートに特化した本の祭典「TOKYO ART BOOK FAIR」が今週木曜日から4日間開催されます。今年は、天王洲アイルに会場を移し、国内外の出版社、書店、ギャラリー、アーティストなど約350組が出展。さらに同地区に位置するギャラリーやショップと連動し過去最大規模のスケールとなります。
そして昨年に引き続き今年も、tokyobikeの1時間無料レンタルサービスも開催致します!tokyobikeで天王洲エリアの周遊をお楽しみ下さい。
会期:2017年10月5日(木)~10月8日(日)
場所:東京都品川区東品川2-6-10 寺田倉庫
詳しくはこちらまで
「HAND-WRITTEN SHOWCASE」
現在大活躍中のチョークレタリングアーティスト・チョークボーイが中心となり、「手描きアーティスト」の祭典がBird代官山にて開催されます!
ハンドレタリングやカリグラフィーなど「手描きスタイル」を得意としたアーティスト達によるグループ展。作品展示はもちろん、人気アーティスト達によるワークショップの開催、オリジナルグッズの販売もあるそうですよ。
会期:2017年10月13日(金)〜10月15日(日)
場所:東京都渋谷区代官山町9-10 Bird 代官山
詳しくはこちらまで
「ニューフェイス’17」
装丁・装画から印刷・造本までを含むブックデザインに関わるクリエイターの団体、日本図書設計家協会。そこに近年入会した新入会員(ニューフェイス)達による装丁・装画の仕事を展示するイベント「ニューフェイス’17」が3331 Arts Chiyodaにて開催されます。ニューフェイスといえど、いずれも本づくりのプロフェッショナルばかり。そしてそれぞれが造る本のデザインやイラストレーションも千差万別。そんな本と原画がずらりと並ぶ空間をぜひお楽しみください。
会期:2017年10月04日(水)〜10月15日(日)
場所:東京都千代田区外神田6丁目11-14 3331 Arts Chiyoda
詳しくはこちらまで
「フランス人間国宝展」
フランス人間国宝(メートル・ダール/Maître d’ Art)は、日本の人間国宝(正式名称 重要無形文化財の保持者)認定にならい、伝統工芸の保存・伝承・革新を旨として、フランス文化省により1994年に創設されました。
こちらの展覧会では、この「メートル・ダール」の認定を受けた13名の作家と、まだ認定はされていないものの、素晴らしい作品を制作している2名、合計15名の作家を紹介する世界初の展覧会です。卓越した技と伝統、そして未来へと繋がる華麗な美の世界を体感してください。
会期:2017年9月12日(火) ~11月26日(日)
場所:東京都台東区上野公園13-9 東京国立博物館 表慶館(上野公園)
詳しくはこちらまで
「デザインの日常 Vol.1 500人のコップ展」
銀座にある松屋銀座7階・デザインギャラリー1953では、暮らしとデザインについての考察を試みる展覧会「デザインの日常」が開催されています。その第一回目のテーマとして選ばれたのが「コップ」です。水を飲むことは暮らしの中でもっともベーシックな行為で、東京の美術系大学に在学するデザイン学科の学生とベテランデザイナーやクリエーターの方々を対象として、実際に家でつかっているコップを集め、それらが一堂に展示されています。基本的な道具であるコップの展示を通じて、見る人に暮らしの中のデザイン、道具とデザインについての考察を促すものです。
会期:2017年9月13日(水)~10月9日(祝・月)
場所:松屋銀座7階・デザインギャラリー1953
詳しくはこちらまで
「超絶記録!西山夘三のすまい採取帖」
日本のすまい研究を牽引してきた建築学者、西山夘三(にしやまうぞう)さん。漫画家を目指したほどの画力とすぐれた観察眼を持ち合わせた西山氏による「すまい」のスケッチや図版など、昭和の住まいの様子を見事なイラストで書き残し、時代を記録してきた様子を体感できるイベントです。小さめの展示スペースながら、なかなか見ごたえがあります。「500人のコップ展」から目と鼻の先ですので、是非ご一緒にどうぞ。
会期:2017年9月7日(木)~11月25日(土)
場所:東京都中央区京橋 3-6-18 東京建物京橋ビル LIXIL:GINZA 2F
詳しくはこちらまで
「野生展」
21_21 DESIGN SIGHTでは、2017年10月20日より企画展「野生展:飼いならされない感覚と思考」が開催されます。展覧会ディレクターには、思想家で人類学者の中沢新一を展覧会ディレクターに迎え、さまざまな作品や資料を通して、その力を発動させるための「野生の発見方法」を紐解いていきます。
理性や合理性ばかりが前面にあらわれる現代においても、野生の感覚と思考は、いまだ失われていません。例えば自転車に乗っていて全く知らない土地を心向くまま散策している時や、旅先で地図も手放して五感をフル活用している時など、野生の感覚や思考が自分に備わっていたことを再確認したりしますよね。
この秋、自分の野生を取り戻す素敵な機会になるかもしれません。
会期:2017年10月20日(金)- 2018年2月4日(日)
場所:東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン内
   21_21 DESIGN SIGHT
詳しくはこちらまで
今月は面白そうなイベントが盛り沢山!
アートな寄り道をお楽しみ下さい。
可瀬