TOKYO ART HOLIDAY 11月編


アートが溢れる街、トーキョー。 自転車に乗ってフラッと漕ぎ出せば、あなたの心に響く何かがきっと見つかる。 そんな休日を提案する連載ブログ「Tokyo Art Holiday」11月編。
澄みきった青空と冬の訪れを感じさせてくれる木々や街並み、11月ならではの風景の中を自転車に乗って楽しんでみるのはいかがですか?
アートを通して世界の変化を感じてみたり、紅葉や空気の匂いの変化から季節を感じてみるのもきっと楽しいはず。さぁ、自転車に乗ってお出掛けしましょう。
 
「magma’s−magma 10th Anniversary」
杉山純、宮澤謙一によるクリエイティブユニット「magma」の10年間の活動を振り返る展覧会が、原宿ラフォーレにて開催中です。
廃材やおもちゃ、電動器具など身の回りにある物を素材にして、ユーモアに富んだ作品群は生み出してきたマグマによる、初の大型展覧会です。
初期から現在までに制作された作品やスケッチなど約100点に及ぶ作品が展示されています。
会期:2017年10月28日(土)~11月5日(日)
場所:東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレミュージアム原宿(ラフォーレ原宿6F)
詳しくはこちらまで
「GOOD DESIGN EXHIBITION 2017」
 
毎年恒例、グッドデザイン賞受賞展がいよいよ本日から11月5日まで開催されます。
わたしたちの暮らしをつくる「よいデザイン」を選び続けている「グッドデザイン賞」。今年も世界中からの受賞デザイン1,403件が東京ミッドタウンに集結します。さまざまな会場で、デザインがつなぐ未来を感じましょう。
会期:2017年11月1日(水)〜11月5日(日)
場所:東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン各所
詳しくはこちらまで
 
「吉岡徳仁 光とガラス」
自然をテーマにした詩的で実験的な作品によって、デザイン、建築、現代美術の領域で国際的に活動するデザイナー、吉岡徳仁の展覧会が東京ミッドタウンに隣接する21_21 DESIGN SIGHTのギャラリー3にて開催されます。
本展では、代表作である「Water Block – ガラスのベンチ」をはじめ、「光庵 – ガラスの茶室」と「Rainbow Church – 虹の教会」の映像を展示するほか、最新作の「Glass Watch」、Dom Pérignon Art Projectで発表された「Prism」、「虹の建築」プロジェクトが展示されます。
隣の会場では「野生展」も開催されていますので、ぜひご覧下さい。
会期: 2017年11月2日(木)〜11月13日(月)
場所:東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン
詳しくはこちらまで
 
「マリメッコ・スピリッツ ― パーヴォ・ハロネン / マイヤ・ロウエカリ / アイノ=マイヤ・メッツォラ」
オリジナリティ溢れるデザインと色彩センスにより、日本をはじめ世界各国にファンを持つマリメッコ。そんなマリメッコの現在を支えるデザイナーの中から3名-パーヴォ・ハロネン、マイヤ・ロウエカリ、アイノ=マイヤ・メッツォラ-に焦点をあて、その創作活動に迫る展覧会がギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)にて開催されます。
各作家の三者三様の個性を紹介する一方、65年以上もの間不変的に受け継がれてきた“マリメッコの精神”を紐解いていきます。
また今回、一度も来日したことのない、フィンランド生まれフィンランド育ちの彼らが、あえて“JAPAN”というテーマで新作パターンし、彼らのインスピレーションから生まれた“JAPAN”の原形が、高度な技術と情熱を持ったマリメッコの専門家たちの手によってパターン化され、生地として完成する工程の一端も見れるようです。
会期:2017年11月15日(水)~1月13日(土)
場所:東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F/B1 ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
詳しくはこちらまで
 
「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」
 国際的に活躍するアルゼンチン出身の現代アーティスト、レアンドロ・エルリッヒ。日本では金沢21世紀美術館に恒久設置された《スイミング・プール》の作家としても知られています。
その作品の数々は大型のインスタレーションから映像まで幅広く、視覚的な錯覚や音の効果を用いてわたしたちの常識に揺さぶりをかけます。
エルリッヒの24年にわたる活動の全容を紹介する、世界でも過去最大規模の個展が六本木の森美術館にて今月中旬からスタートします。
会期:2017年11月18日(土)~ 2018年4月1日(日)
場所:東京都港区六本木6-10-1 森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
詳しくはこちらまで
 
「逗子アートフェスティバル2017」
神奈川県の逗子市で毎年開催されているアートのお祭りが今年も開催中です。
国内外の芸術祭で注目を集める現代アートの作家さんから逗子を拠点に活動する地元作家さんまで、80組を超える作品が逗子の街や自然の中に展示されます。
tokyobikeでは11月3日(金・祝)から11月5日(日)まで3日間、逗子駅前で自転車無料レンタルイベントを開催予定です。私たちtokyobikeが作ったオリジナル逗子マップも当日無料配布しますので、地図を片手にのんびりと逗子&アート&美味しい食べ物散策してみてはいかがでしょうか。
会期:2017年10月7日(土)~11月26日(日)
場所:逗子市内各所
※tokyobike無料レンタルイベントは11月3日(金・祝)から11月5日(日)まで3日間のみ。貸出場所&返却場所は逗子駅前特設ブースとなります。
アートフェスティバルについての詳細はこちらまで
 
今月もワクワクするイベントが盛り沢山ですね。
自転車に乗って、アートや季節を満喫しましょう。
可瀬