TOKYOBIKE LEGER

解除
価格 : ¥52,800 (税込み)

配送料について
お届け先の地域により、配送料が異なります。

お近くの販売店を検索
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: 商品タグ:
■入荷連絡について
現在オンラインストアにて完売商品につきましては、下記リンクより次回入荷連絡を承っております。在庫状況は全国の取扱店ならびにTokyobike Shopとは異なりますのでご注意ください。

 

軽やかに、街を感じる
 

TOKYOBIKE LEGER(レジェ)は、誰にとっても乗りやすく気持ちの良い自転車を形にしました。
またがりやすいフレームと、リラックスした乗車姿勢。なめらかで軽いこぎ心地。
TOKYOBIKE LEGERは、「ちょっとそこまで」をもう少し先へと運んでくれる自転車です。

 

> TOKYOBIKE LEGER特設サイト

 

■Features

艶やかな塗装と、前からまたぎやすく服装を選ばないスタッガード型のフレーム。

変速がなくスッキリとした印象のシングルギア。シンプルで故障も少ないうえに、なめらかなこぎ心地。

リラックスした姿勢で力をかけやすいプロムナードハンドル。上体が起きて視界を広く。

26インチのタイヤ。一般的な英式バルブのチューブを使用しているので、街の自転車屋さんでもタイヤ/チューブ交換や空気入れが可能。

 

・泥除けやバスケットも含め幅広くカスタマイズが可能。

・15〜30分程度の自転車通勤や1時間程度のサイクリングに◎

・センタースタンド付き、別売りの泥よけも装着可能

 

>トーキョーバイクの選び方

 

⚠ご注意ください


※返品・交換は受け付けておりません。

※サドルの高さ調整には5mmの六角レンチを使用します。ご納車後、お近くの自転車店で調整いただくか、工具のご用意をお願いいたします。

 

自転車のお取り扱いに関して

自転車には定期的なメンテナンスが必要です。詳しくはサポートページをご覧ください。

お近くに直営店やtokyobike取扱店がある場合は、店舗でのご注文がおすすめです。(お近くの販売店を探す)

 

配送に関して

・大人車・Jr.は弊社指定の配送会社のルート配送のため、お届け日はご指定いただけません。ご注文の際は、お届け希望日は入力せず空欄でお願い致します。

・お届けの目安はページ最下部(グリーンのフッター)をご覧ください。出荷後1〜2日で配送会社よりお届け日のご連絡を致します。その際に詳しい配達日時の調整をお願い致します。

・出荷日および配送の追跡番号は事前にご連絡致します。


※商品の仕様および価格は予告なく変更することがございます。
※商品写真はできる限り実物の色に近づけるよう徹底しておりますが、 お使いのモニター設定、お部屋の照明等により実際の商品と色味が異なる場合がございます。

スペック/使用パーツ

カラー仕様: グロス
フレームサイズ: S(42cm) M(50cm) (C-T)
本体重量: 11.6kg (Mサイズ)
標準タイヤ: 26×1.15HE ブラック/アイボリーサイド
タイヤ幅最大: 26×1.75(泥除け併用: 26×1.25)
チューブ: 英式バルブ
変速: シングルギア(フロントギア44T/リア18T)
フレーム: 4130フルクロモリ
フォーク: 4130フルクロモリ
ハンドル: プロムナードハンドル (幅540mm)
グリップ: tokyobike 細身フェイクレザーグリップ
サドル: TOKYOBIKE BISOU 26 / CALIN 用サドル
シートポスト径: 26.0mm(ボルト留め・六角レンチ5mm)
リアエンド幅: 120mm
スタンド: tokyobike センタースタンド付属

サイズ別寸法

サイズ 適応身長 C-T
S 145〜165cm 42cm
M 160〜 50cm

※腕・股下の長さ、適正サイズの感覚には個人差があるため、適応身長は目安となります。

サイズを決めかねる場合や、ご不明な点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。
03-5834-2727
webstore@tokyobike.com

【トーキョーバイクのいろは】-TOKYOBIKE LEGER編-

Tokyobike Shopのスタッフによる自転車紹介のLEGER編。男女3人のスタッフが実際に通勤で乗ってみた感想を紹介しています。

>記事を読む

 

TOKYOBIKE LEGERと楽しむひとり時間

東東京を舞台に、TOKYOBIKE LEGERに乗っておうち時間が楽しくなるお買い物へ出かけました。

>記事を読む

 

なんでもない休日が、特別に。TOKYOBIKE MONOとLEGER。

世田谷にある近所のお店を自転車散歩。途中でコーヒーを飲んだり、初めての道で自然を感じたり。いつもの街の、新しい一面が見えてきます。

>記事を読む

 

Related Items