tokyobike 谷中 soil

長く使うを大切にする。

「どうやったら、ひとつのモノを長く使うことができるだろう。」
 
「どうやったら、楽しく使い続けられるだろう。」
 
tokyobike 谷中 Soilは、そのことを楽しく考え、実践していくお店です。
tokyobike 谷中 Soil

 
tokyobike 谷中 Soil(ソイル)とは


店名のSoilは、土という意味です。
畑の土は、作物を育むと同時に、役目を終えた枯葉や作物を受け入れ、次の作物が育つようにより良い土へと育っていきます。
tokyobike 谷中 Soilも、自転車にとっての土のような「戻ることのできる場所であり、新たな物語を始めるきっかけとなる場所」になりたいと考えています。
また、お店自体も土のように少しづつ育てていきたいという思いから、Soilという名前をつけました。
 
tokyobike 谷中 Soilは、「何ができるだろう」と常に考え、試し、お客さまと共有していく、言わば実験場のような場です。
たくさんの面白いワクワクすることを探し続けていきます。
 
お店のある街、谷中
お店がある谷中は東京の東側、台東区に位置し、古くからトーキョーバイクと縁が深い街です。
トーキョーバイクが初めて直営店を構えたのも、オフィスを置いていたのも谷中でした。
ところが2021年、お店だった建物の契約期間満了により、直営店とオフィスが新しく清澄白河へ移転することになりました。
そんな中「この街にトーキョーバイクのお店を残したい」と一人のスタッフが声を上げ、もともとオフィスとして使用していた空間をお店に改装し、tokyobike 谷中 Soilとして再スタートを切りました。
 

谷中の街 tokyobike 谷中 Soil

 
お店の取り組み


tokyobike 谷中 Soilは、トーキョーバイクの試乗・販売・修理・メンテナンスはもちろん、ほかのtoyobike直営店には無いさまざまな独自の取り組みを行っています。
トーキョーバイクのユーザーが多い谷中の街で、自分の自転車を長く愛し、使い続けるためのサポートをしながら、そこから広がる新しいお客さまとの出会いも大切にしていきたいと思っています。

Re tokyobike

オーナーのライフスタイルの変化などで手放さざるを得なくなったトーキョーバイクを引き取り、整備し、次のオーナーへ販売するRe tokyobike(リ・トーキョーバイク)という取り組みを行っています。引き取った自転車は丁寧に分解した上でパーツ1つ1つの状態を確認し、整備します。そして、整備されたパーツを使用しながら、性能に全く問題がない状態へ再度自転車を組み立てます。非常に時間と手間のかかる工程を踏みながら、手放された自転車の価値を最大限引き出す取り組みです。

 

Re tokyobike -RAW-

Re tokyobikeで引き取った自転車がたとえ塗装劣化が激しかったり傷が多かったりしても、私たちはそれらを最大限活かしたいと考えています。RAWカラーとは、もともとの塗装を一度全て剥がし、その上から透明のクリア塗装を施したものです。塗装を剥がすとフレームの素地や製造時の溶接部分、そして前のオーナー時代からの傷など、一台一台の生い立ちが浮かび上がります。RAWカラーは、その自転車の物語を感じる新しい塗装のかたちです。

 


 

トーキョーバイクの洗車サービス

バイク銭湯

tokyobike 谷中 Soilが独自に提案する、トーキョーバイクの洗車プラン。家にお風呂はあるけど、ちょっと疲れた時やリフレッシュしたい時に銭湯に行くと、より一層さっぱりします。自転車も家でクリーニングはできるけど、落としきれないような汚れあるでしょう。そんなとき、自転車にとって銭湯みたいな存在になりたいという思いから、「バイク銭湯」という一風変わった名前をつけました。

 


 

tokyobike谷中soilのyardsale

SoilのYard Sale

tokyobike 谷中 Soilにて不定期に開催される掘り出し物マーケットです。長い間倉庫に眠っていた商品や、自転車の中古パーツを活用方法と一緒に販売しています。

 

 
お店づくり


tokyobike 谷中 Soilは、もともとトーキョーバイクの本社オフィスがあった場所を改装してお店にしました。
改装の際は、長野県諏訪のReBuilding Center JAPANと協力して古材や端材をふんだんに活用した内装をしつらえました。

tokyobike 谷中 Soil インタビュー

インタビュー
この街に店を残したい — ひとりのスタッフの声から生まれた、育てる店「tokyobike 谷中 Soil」

谷中はトーキョーバイクが創業当初からギャラリー兼オフィスを構えた街です。初めての直営店や、レンタルバイクサービスに特化したtokyobike Rentalsも谷中の街にありました。2021年7月、旗艦店と本社オフィスが谷中から清澄白河へ移転することが決まり、tokyobike 谷中も閉店することが決まっていました。しかし、当時tokyobike 谷中店長であったスタッフ・本多の声により、この街に残る多くのユーザーへ向けてお店を残す取り組みが始まります。
tokyobike 谷中 Soil店長・本多の、この街、そしてこのお店に込めた想いのインタビューです。

 

リビルディングセンター・ジャパンとの取り組み

お店の改装日記

2021年9月にお店がスタートしてから半年後、長野県諏訪のReBuilding Center JAPANと協力して内装の本格工事が始まります。全国各地から寄せ集められた古材や端材を活用しながら、自然の温かみを感じる美しいお店に生まれ変わりました。その時の様子をジャーナルにて紹介しています。

 

 
アクセス


tokyobike 谷中 soil

tokyobike 谷中 Soil
 
住所
〒110-0001 東京都台東区谷中2-6-12
・東京メトロ 千駄木駅より徒歩5分
・JR 日暮里駅より徒歩13分
 
お問い合わせ
03-5809-0980 / soil@tokyobike.com
 
営業時間
平日 12:00〜19:00 / 土日祝 10:00〜18:00
定休日:
火・水・木
 
Instagram / note