“半”自転車通勤ハジメマシタ 「#2: 駐輪場」


こんにちは。中目黒店の田代です。

4月に入りました。新しい何かに出会う季節ですね。
ワタクシ4月生まれなんですが、学生時代はクラスメイトと打ち解ける前に誕生日が来てしまい、誰にも祝ってもらえないという寂しいこともありました。
これって、4月生まれあるあるだったりしますかね?
ということで、お祝いは誕生日の前後6ヶ月、絶賛受付中です!

さて、前回は”半”自転車通勤を始めたきっかけについて書きましたが、「じゃあ、具体的にどうしてんの?」みたいなところはほとんどなかったので、今回からはそのあたりを書いていきたいと思います。
第2回目は駐輪場の確保について。


「#2: 駐輪場」

“半”自転車通勤を始めてみよう!!となれば、何はともあれ駐輪場を見つけねば!ということで、 通勤路線である山手線・副都心線沿線で駐輪場を探し始めました。

条件はこんな感じ↓
■ 月単位の定期利用ができること
→ 一時利用だとどうしても割高になりますね。
■ 駅から徒歩で10分以内
→ 自転車に乗り換えること自体がめんどくさくなったら、続けられる自信がなかったので…
■ (少なくとも)屋根があること
→ お客様にも雨ざらしは避けるようにお願いしていますし…
■ 朝7時~夜12時くらいまでは入出庫が可能なこと
→ 通勤時間と終電を考えるとこのくらいの自由度が必要かなと。

なにはともあれ、まずはネットで検索。
参考になったのはこちらのサイト

まるで初めての一人暮らしのように 「新宿・渋谷あたりで~、駅近で~、屋根があって~、夜12時くらいまでは出し入れができて~…」
と探していくと、なかなか無いものですね。

新宿・渋谷・恵比寿あたりは、一時利用ができる駐輪場はそれなりにあるのですが、定期利用ができるところがそもそも少なく、上記の条件に当てはまるところは見つけられませんでした。
そのほかの駅の周りも調べてみたのですが、詳細情報が少なく、これ以上は足で稼ぐしかないかなと思い始めていました。
(原宿駅近くの定期利用ありの駐輪場。Google Mapのストリートビューで確認すると、屋根というか歩道橋の下でした…)

そんなある日の出勤中に、中目黒駅から徒歩2分のところに、
¥2,000/月、AM7:00~AM1:00入出庫可の地下駐輪場を見つけて、「ここいいじゃん!!」ってなったのですが、冷静に考えれば、「中目黒駅からお店まで自転車ってなんなん?」ってなりまして… ボツになりました。
(お店=職場に自転車が停められない場合は、ここも借りる必要があったということに、今更気づきましたが…)

調べていくうちにわかってきたのが、池袋駅近辺には区営の大規模駐輪場が数カ所あるということ。しかも地下駐輪場なので、雨ざらし問題はクリア。

池袋から中目黒となると、NAVITIMEさんの自転車ルート検索で片道11km・45分くらい。
当初の想定よりも距離があるけど、まぁイケるっしょ。と、早速申し込み方法を確認したところ…
”平成30年度区立自転車駐車場定期利用者の募集は終了しました。”
…むむむ、すでに枠埋まってますやん。

もう一度豊島区のホームページをよくみてみると、池袋駅のすぐ横に民営の大規模駐輪場があるのを発見。
駅徒歩3分、屋根付き、AM7:00~AM0:30で入出庫可、値段も区営とほぼ変わらず。
祈る思いで電話したところ、3月の定期利用枠を2月末に受付開始するとのことで、無事、駐輪場の確保に成功したわけです。
(線路のすぐ横なんです。めちゃ近。)

こうして、片道11km・45分の”半”自転車通勤を始める覚悟を決めた田代。
この決断が吉と出るか、凶と出るかは、これからのBLOGに乞うご期待!

ちなみにあとから気付いたのですが、池袋からは、tokyobikeの直営店がある谷中と高円寺が、どちらも8kmくらい(30分ちょっと)の距離。
そういう点では、なかなかいいチョイスだったかなーと思っています。

次回は”タシロ、自転車買うってよ。”ってことで、「#3: my 1st TOKYOBIKE」(の予定)です。

田代