自転車を選ぶ時、モデルやカスタマイズを考えるのは楽しい反面、少し難しく感じることはありませんか?

このページでは、

「本格的な自転車に乗ってみたいけど、何から選んだらいいかわからない…」

「乗り心地は他のモデルとどう違うの?」

「自転車以外になにを買えばいいの?」

といった、素朴な疑問に答えていきます。

 

これからお店に行こうかなと考えているかたも、ぜひ予習として読んでみてくださいね。

おしゃれ自転車 使いやすいクロスバイク トーキョーバイクの選び方

 

1.トーキョーバイクってどんな自転車?△目次へ戻る

 

トーキョーバイクは速く走ることや移動することだけが目的ではなく、街を楽しむためにデザインされた自転車です。

「街を楽しむ自転車」を作る上で、トーキョーバイクは全モデルで次のようなことを大切にしながら設計されています。  

 

軽い漕ぎ出し

トーキョーバイクのタイヤは、一般的なスポーツ自転車やシティサイクルに比べて直径を約5cmコンパクトにしていてます。

このわずか5cmの違いによって、信号が多い道でのストップ&ゴーのストレスを減らし、坂をラクに上れる心地良さを実現しました。

 

使いやすいデザイン

坂道をスイスイと上れる軽いギアからスピードを楽しめるトップギアまで幅広くカバーした変速、フレームにスッキリと収まるセンタースタンドなど、

自転車ではなく乗る人が主役になれるような使いやすく様々なライフスタイルに馴染みやすいデザインです。

 

普段着で楽しめるカラーリング

トーキョーバイクの自転車は彩り鮮やかでありながらどこか落ち着きを感じさせる色合いを採用し、シチュエーションを問わず、生活に寄り添えるカラーリングを大切にしています。

普段のおしゃれを楽しむように、自転車を色で選んでもOKです。

 

 

2.自分に合ったモデルの選び方

 

さっそく、自分にあったモデルを探してみましょう。

トーキョーバイクでは、乗る人の用途に合わせた7種類の自転車(大人車)をご用意しており、全てユニセックス対応です。

選んでいくときの基準となるポイントがいくつかございます。

トーキョーバイクでは、次の3つをまず考えていただくことをおすすめします。  

 

どのくらいの距離を乗りたいか

→2〜5kmだと15分〜20分くらい、7km〜10kmだと30分〜45分くらいの所要時間が目安です。

 

変速(ギア)は必要か

→坂が多い地域や、少し長めの距離を乗る場合は、ギアがある方が便利です。

 

どんな姿勢で乗りたいか

→あまりスピードを出さずリラックスした姿勢か、スピードが出しやすい前傾姿勢か、どちらがお好みですか?

 

以上の3点を想像しながら、次の表で、だいたいどこに当てはまりそうかを見てみましょう。  

 

ざっくりと当てはまりそうなモデルの見当がついたところで、より詳しく各モデルの特長を比べてみましょう。

 

トーキョーバイクでは、モデルによってパーツの形状やスペックが異なります。

自転車の面白いところは、フレームの形が同じであっても使用パーツが異なると、乗り心地が大きく変わってくるということろ。

つまり、好きなフレームの自転車を自分に合った乗り心地へパーツカスタムすることで、理想の自転車を作ることもできます。

 

まずはトーキョーバイクの自転車で使われている主要パーツの、それぞれの形の特長をまとめました。  

 

それでは実際に各モデルで使われているパーツを詳しく比べてみましょう。

気になるモデルの特徴を比較してみると、よりハッキリと自分に合ったモデルが見えてくるかもしれません。

 

決めかねることや、ご不明な点がございましたら、お気軽にお店のスタッフやオンラインストアまでご相談ください。

 

■Tokyobike Online Store

(電話) 03-5834-2727

(メール) webstore@tokyobike.com  

 

▼商品をもっと詳しく見る >自転車の商品ページ一覧

 

3.サイズの選び方

 

洋服と同じように自転車にもサイズにバリエーションがあります。

ご自身の体型にあったフレームサイズの自転車を選びましょう。  

 

サイズ選びでよく聞かれるのが、

サイズが大きくなるとタイヤも大きくなりますか?」というご質問です。

答えは、「いいえ、タイヤの大きさは変わりません。」  

 

トーキョーバイクでは、タイヤの大きさではなくフレーム(骨組み)の大きさで、サイズが分かれています。

例えば、TOKYOBIKE 26では次の写真のようになります。

※ホリゾンタルフレームのモデルは、サイズによってフレームの形が上のように多少変化いたします。

 

フレームサイズは乗り心地に大きく影響します。

体の大きさに適したフレームサイズを選ぶことで、漕ぎ疲れづらく、軽快さを長時間キープできる気持ちの良い乗り心地になります。

そのため、無理に大きいサイズを選んだり、小さいサイズを選ぶことは、おすすめしません。

 

ただし、脚の長さや、腕の長さには個人差があります。迷うなぁという場合には、お店のスタッフやオンラインストアまでお気軽にお尋ねください。  

 

4.自転車の他にはなにが必要?
 
 
自転車のモデルとサイズが決まったら、次は自転車につけるパーツを選びましょう。

オプションパーツは、自転車へ本格的な組み付けが必要な【BIKE PARTS】と、気軽に機能を付け足せる【BIKE ACCESSORIES】に分かれています。

 

【BIKE PARTS】・・・泥除け、スタンド、バスケットなど

 

【BIKE ACCESSORIES】・・・ベル、ライト、ロックなど

【BIKE PARTS】  

BIKE PARTSは選び方によって自転車の雰囲気や見た目を大きく変化させます。

 

「お買い物や通勤通学のバッグを運ぶので、カゴが欲しい!」

「毎日乗るので、雨上がりに汚れてしまわないよう泥よけをつけたい。」

はたまた、

「レトロな印象のかわいい自転車にしたいので、泥よけや荷台もつけたい。」というのもOKです。

 

ぜひスタッフまでご相談ください。   トーキョーバイクのJOURNALでは 、スタッフによる様々なカスタムを紹介しています。  

 

▼通勤や通学で荷物を運べるようにしたい

JOURNAL> STAFF NOTE> 【my tokyobike】vol.1 ゆったり通勤・通学スタイル

 

▼雨の日でも自転車を使いたい

JOURNAL> CUSTOMISATION> TOKYOBIKE26を雨仕様にカスタムしてみました。

▼他のカスタマイズの記事も読む >Customisation

 

【BIKE ACCESSORIES】 

路面を照らしたり、自分の存在をアピールするためのライト

車のクラクションと同じ役割のベル

盗まれないようにするためのロック

 

これらは自転車に乗る上では必須のアイテムとなります。 ほぼ全てのモデルにベル・カギ・ライトは付属していませんので、お乗りいただく環境に合わせてお選びください。  

 

▼もっと詳しく読む >Staff Note「これを買っておけば間違いなし!基本のライト・ロック・ベル」

 

5.実際に注文するときは△目次へ戻る

 

トーキョーバイクは都内に4店舗のTokyobike Shopとオンラインストア、全国に約200店舗の取扱店があります。

トーキョーバイクの自転車は、モデル・カラー・サイズ・オプションパーツを選んでから1台ずつ丁寧に組み立てます。

 

ご注文から約1週間程度で組み上がり、お渡しができます。店頭在庫があれば即日お渡しができる場合もございます。

▼もっと詳しく読む >商品の受け取りについて

 

配送コストや、購入後のメンテナンスや修理などのアフターケアの観点から、お住いのお近くに取扱店がある場合は、そちらからご購入されることをおすすめしております。

▼お近くの取扱店を探す >全国の取扱店

 

 

6.トーキョーバイクの使い方

 

自転車を楽しく、そして安全にお乗りいただくためのヒントを盛り込んだ「トーキョーバイクの使い方 (tokyobike Guide Book)」という冊子を自転車と一緒にお渡ししています。

トーキョーバイクの基本的な操作方法や、街中を安全に走るコツのほかに、自転車に関する法律のおさらいが書かれています。

自転車に乗り始める前に必ずご一読ください。

 

また、簡単な自転車のポイントをまとめた「トーキョーバイクの使い方」という記事も合わせてご覧ください。

動画やイラストで自転車の使い方のポイントがまとまっています。

 

自転車を永くお乗りいただくためには、定期的なメンテナンスが大切です。

まずは3ヶ月後、そして1年後、なにか不調が起きていなくても1度自転車屋さんで点検してもらうことをおすすめします。

▼もっと詳しく読む >Staff Note「メンテナンスのお話」

 

自転車で休日デート TOKYOBIKE MONO LEGER

 

7.最後に

 

長くなりましたが、いかがでしたでしょうか。 このページが自転車選びにお役に立てると嬉しいです。

 

また、読んでみてさらに疑問が出てきたり、こんなふうに乗りたいなというご希望をスタッフまでお伝えいただければ、理想に近づくようにお手伝いいたします。

 

まずはお気軽に、お店に足を運んでみてくださいね。